40代・50代・60代・70代のお母さんに食べ物をプレゼントする時の3つのポイント

困った時は、食べ物か花

毎年、誕生日や母の日クリスマスなど、お母さんにプレゼントを贈る機会がたくさんあります。

子どもの頃にはお母さんの絵を書いてプレゼントしただけで、とても喜んでくれましたがさすがに社会人となると、そういうわけにもいきません。

ましてや配偶者の母ともなると、余計に何を贈っていいかわからず、緊張してしまいますね。

困った時のプレゼントとしてよく選ばれるのが、使ってなくなるものです。

つまり、食べ物やお花ですね。

今回はお母さんに食べ物をプレゼントする時のポイントをご紹介したいと思います。

量より質

すでに社会人となられた方のお母さんとなると、ある程度お年を召した方が多いと思います。

年齢は、40代・50代・60代・70代くらいでしょうか。

この年齢の方々に、食べ物のプレゼントを贈るときに気をつけないといけないポイントの一つ目は、

量より質

ということです。

若い頃にはそこそこ美味しくて量がたくさん食べれれば幸せ、という人も多いですが、だんだん年をとってくると食べれる量が少なくなってきます。

おまけに舌が肥えてくるので、少々美味しいくらいではそんなにおいしいと感じられなくなってしまう方もおられるようです。

若い時にはそれがわからないので、つい安くてたくさん!がっつりで満足的な食べ物をプレゼントに選んでしまったり。

もちろんあなたが心を込めて選んだプレゼントならお母さんは喜んでくださると思いますが、どうせなら、お母さんに、本当においしいものをプレゼントしたいと思いませんか?

ブランドにはブランドの理由がある

二つ目のポイントは、ブランド品から選ぶ、ということです。

実は、管理人は、和菓子のお取り寄せサイトと、チョコレートのお取り寄せサイトを運営しています。

和菓子もチョコレートもメタボになってしまうくらいに、たくさんお取り寄せして食べました・・・。

それでわかったことは、有名なお店には有名なりの理由があることが多い、ということ。

もちろん、名前だけのお店もありましたが、例えば宮内庁御用達、のようなステイタスは、ダテではありません。

有名なお店には満足できる理由があります。

また、こういったブランドフードは高級品なので、なかなか自分で買うのはもったいなくて、人にもらったものなら食べる、という方もおられるようです。

お母さんへのプレゼントには、ちょうどいいですね。

食べ切れること

三つめのポイントは、食べきれること。

このサイトでは、管理人のお取り寄せの経験から、お母さんに喜んでもらえる美味しいスイーツをご紹介したいと思います。

特にスイーツの中でも、贈り物に使いやすい和菓子とチョコレートをピックアップしています。

年を重ねると、スイーツも若い頃のように食べられなくなってきます。

そうすると、例えばホールケーキをどーんともらっても食べきれなくて困るんですよね。

家に同居でもしていれば、たくさんあっても大家族で食べれますが、例えば夫婦二人暮らしだとなおさら量が多すぎると食べきれません。

ですから、出来れば、小分けにしてあり、一回ずつ食べ切れ、ある程度賞味期限が長いのが良いと思います。

そうすれば欲しい時に欲しいだけ、ちょっとずつお母さんも楽しめるでしょう?

それでは、次回から、少量でも美味しい、スイーツの宝石をご紹介しましょう。



Powered by WordPress | Designed by Gift Ideas Thanks to Geschenk Empfehlungen